FC2ブログ

高橋大輔に負けた娘たち

料理は科学です。でも、食べるのって楽しくなくっちゃ。我が家の食風景を見せちゃいます。
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

工事中

FC2の第1006回のトラックバックテーマに
「今のパソコン何年使っていますか?」・・・。

今年、5年目に入っていたのですが、
まだ5年と思っていたのに、もう、5年だったらしく
写真の加工ができなくなってしました。

ここ2週間ほど、悪戦苦闘していたのですが・・・。

「トリートメントしてたの?」
それを言うなら、メンテナンス。母に言われたらおしまい。

今年の大ちゃんの解説で、前十字靭帯の断烈を
四回転の足への負荷だと言っていましたが、

PCには、時限装置が仕掛けてあるのではないかと、
ある一定のキャパスティを過ぎると秒読みが始まるって感じ。

今の私に必要なのは、買い替えるお金なのでしょうか?
それとも、手術を成功させてくださるお医者様でしょうか?

「昔のテレビって、叩いたら治たんだけどなぁ」

初期化ですか?!そうなんですか!!

料理写真の入らないレシピって、無声映画みたいですよねぇ
何かにつけて、時代を遡る我が家です
スポンサーサイト



Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

出身はどちら

「川津エビが出てたから、唐揚げでいい?」
「私は、エビ煎の方がいいよ。」

どうも、エビが苦手で、私以外が大好きな唐揚げです。

小さい頃、どこかから、伊勢エビをいただきました。
母が動いているエビを見事に断ち割り
グリルで香草焼きにしているのを見て以来

とても、とても、ワイルドな気持ちで食べれなくなったのです

「でも、エビ煎だって、少なからず、エビが入ってるよ!」
「家計には優しいですけど!」

そうなのです。家(うち)はエビ煎の元を中華街で買ってきます。
一箱300円で、半分使っても大皿に山盛り。

「あれ、新しい箱買い置きしてなかった?」
うっそ! 一人に2枚だけ

「明日、土曜だから、久しぶりに中華街に行く?」
「行く!」

「なんか大ちゃんが、横浜で杏仁豆腐食べる気持ちが解るわ
 さぁ、エビに塩振って。」

「海で育ったんだから、頑張れば塩ぐらい吹けるよ。」
「か・わ・ず・えび!!」








「川でお育ちだそうです

それでは、塩を吹けなんて無茶ぶりですね
Posted by 春隣る桜   4 comments   1 trackback

家電量販店

タマちゃんのカクテルレパートリーが増えちゃって、
クローゼットの中にまで、リキュールが進出してきました。

もし、何か事件に巻き込まれ、警察の手入れがあったら、
私たちは、アルコール中毒の疑いでもかけられるのではないでしょうか

そんなわけで、ワインセラーでも探してみようかという話になって
やってきたところは、家電量販店なのです。

我が家って、一本ずれてるなぁと思ったのは
ワインクーラーって、やっぱり、冷やすから電気製品だと考えたのです。

「あれって、家具屋さんなんだって!」

「あれっ、母は?????」
また勝手に、ウロウロして、迷子になってるんじゃない。

「お姉ちゃん、テレビで安藤さんが踊ってるよ!」
なんと、テレビコーナーの1台にフィギュアスケートの安藤美姫さんが・・・、

そのテレビは、3Dに映し出されているらしく
ちゃっかり、しっかり、専用メガネを付け、食い入るように立っているのは母です。

そんな母はほっておいて、DVDを見ていると
なにやら、テレビの前が騒がしい。

「次、高橋大輔さんですよね。」
テレビ画面は、何か試写用だったらしく、幸田さんのコンサート

あまりの恥ずかしさに、タマと二人で両脇を抱え出て来たのです。

収穫したブドウみたいに、樽の中に入れて、
ぐちゃぐちゃと押しつぶしてやりたい気持ちの娘に、

「3Dって、結構迫力あるねぇ!」

ワインクーラーに3Dは必要ないでしょ
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

美味しい音

朝、台所からまな板でトントンと小気味のいい音が・・。
そして、鼻をくすぐるおみそ汁の香り

これって、時代が変わっても、変わらぬ家庭の朝

調理師の資格を取る時、キュウリの小口切りというテストがありました。
時間内に50枚以上1mm以下で切らないといけないのです。

ある程度、早く切れるようになると
まな板にあたる包丁のトントンの音がちょっと癖になります。

大ちゃんが「よく音の取り方が・・」と言ってますが、
4/4拍子になったり、スタッカートになったり、

「何、やってるの?」気が付けば、ボールに山盛り。
行き詰ることがあると、調子よくできるもので紛らわしたくなるのです

「なすびも切って、即席の浅漬けにしたら・・・」

アインシュタインの相対性理論は分かりませんが
このトントンという単純な音には慣性の法則が忍んでいるのかも、

そう言えば、お腹に居る時の赤ちゃん
母親の鼓動で安心するといいます。

だから、飽きない味になるのかもしれません。

「みょうが、生姜、あれ、大葉がないよ。」
「バジルでも、美味しいよ。」

台所の音は、美味しい味付けなのです。

Posted by 春隣る桜   10 comments   0 trackback

素敵な出来事

に香りがある訳ではないのですが・・・。
今日は、優しいプレゼントを頂きました。

私も母が大ちゃんに魅せられなかったら、
「道」の主人公ジェルソミーナがジャスミンの別名と知らず。

タマがこんなにお茶にのめり込まなかったら、
ジャスミンティのお茶の美味しさを味わうことはなかったかも・・。

大ちゃんが何年も先に、
自分の楽曲を振り返る時ってどんな時なんでしょう。

コメントを書いたブログを再び開いた時、
ハンドルネーム「春隣る桜」の文字とともに
ジャスミンの写真の花が飛び込んできました。

「えっ!」
そこに芳る香りは、まさに、祝福の香りがしたのです。

今年、大ちゃんが岡山に凱旋した時、
リンクに向かう道に桜が残り、「花は咲く時を心得ているね。」と
母が言った言葉、都合のいい理解をしてと、一笑にふしったのに、

名も知らない、「はるさーメイの 屋上ガーデン」
コメントの翌日、ジャスミンの花がUPされたのです。

実は、今日私の誕生日なのです。
産んでくれた両親に感謝し、姉と慕ってくれる妹に感謝し、

ブログを見てくださる皆さんに感謝します。
「ありがとうございます。」


Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

主婦を侮るなかれ

最近は蝉の声が目覚まし変わり
これが鳥の声だったら、まだ優雅とも思えるのに。

「そんな小さな音で起きたことないでしょ。」

朝が苦手なので、目覚まし時計に携帯の目覚まし機能、スムーズも使用。
ここまでしてても、なかなか起きない私
そのとばっちりを受けるのがタマ

「ちゃんと起こしてるのに、いつも覚えてないんだから!!」

いやはや、申し訳ない

布団から出るのも、目が覚めるのも一苦労
目を覚ますためにも、まぁまずテレビを・・・

『となりの人間国宝さん』今日の行き先は梅田。
近くですねぇー、へぇースケート靴。

梅田、スケート靴???
どこかで




電話しなくちゃ

お母さん、お母さん!!
 大ちゃんが・・・」

「うん。わかってる。
 あんたうるさいから。見てるから。じゃ」

・・・切られた。
最近はあまりテレビに出ない大ちゃんだけに、
本人は出なくても真剣に見るんですね。

きぃー
せっかく教えてあげたのに

それにしても凄い情報力です
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

悩みどころ

先日、「アイスティーを撮る」写真教室に行ってまいりました。
本当なら、タマが行くべきなのですが、
スケジュールが合わなくて、私が森の石松のように代参? 代行

カメラは、一眼レフがなくて、馬鹿ちょんのデジカメ

「だから、もっと美味しそうに見えないの?」
なんか、急にタマの突っ込みがきつくなったような

「だから、カメラだって・・・」

実はこの春に、母が仕事用に一眼レフを買っていて、
次の仕事までに、練習してから、買えばいいと言ってくれていたのですが

なんか、そこまでブログに凝らなくてもと
高をくくっていたのが、大間違い

シャッターの音が、快感。
旅行に行くか、カメラを買うか
ハムレットのように、悩む結果になってしまいました

お調子者の森の石松。
代行に行くべきではなかったのかも?

「何をブツブツ言ってるの? モデルが風邪をひくよ
グラビアモデルじゃあるまいし、根畜生

「誰でも、綺麗に取られたいよね!」
タマが優しくグラスの汗を拭きました。

私の額にも汗が光っているはずですが
Posted by 春隣る桜   6 comments   0 trackback

関西と関東

「大ちゃんって、東京でも関西弁なのがいいねぇ」
ポロっとした拍子に、「あかん」とか

「このサマーバケーション、東京でもいかない?」
実は、タマちゃんが行ってみたいお茶のお店が多いのです。

「大ちゃんみたいに関西弁を喋るから、連れていって!」
何かにつけて関西と関東の違いがあるのです。

そう言えば、男子フィギュアは関西がいいんだねぇ。
西高東低、冬型気圧配置ではありません。
それって、現在の単なる勢力図でしょ?

「この際、徹底的に東西の違いを見聞しとうございます。」

「あなた達だけでいけばいいじゃないの?」

「どぉも、母は食べ物が駄目なのよね。」
日清のどん兵衛でも、出汁が違うと聞いています。
お醤油の色が・・・、つまり、日本食が駄目なんだから。

「大ちゃんが美味しいって、おめざに出した杏仁豆腐があるラーメン屋さん!」
そうです。私が大ちゃん仕様に作らされた杏仁豆腐と比較しなくっちゃ

人を大ちゃんのためにこき使っているからには
首に縄つけてでも、引っ張っていくからね

でも、杏仁豆腐に関西風、関東風と違いがあるのでしょうか
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

幻の名作

「あじぃ!」
昼間の体のほてりが取れなくて、イライラ。

そこへ行くと、大ちゃんみたいに夏でも涼しい職場って
いいのかなぁ。

汗たぎるスポーツ選手と涼しげなスポーツ選手って
イケメン度が違うのでしょうか?

「それって、素麺がいいか、パスタがいいかって感じじゃない?」
今日は、カッペリーニで冷製パスタをお願いします

「やれやれ、食べたいものは、色々浮かぶのにねぇ。」
「それ間違ってる。まず、男性を理解しなくっちゃ!」

「私は殿方に、ガツガツしないだけ。」
この間、クリームブリュレをおこっとしたから、
今日、クリームブリュレを作ったけれど、そんなこと言う子は食べなくていいよ

「そうなのよ、大ちゃんのアメリ、案外早い時点で見れなくなるかも・・・」

タマが軽く舌打ちをしました。
「なんか、注文が来ないうちに、プログラムが終わるんだ。」
どうやら、パリジェンヌがカフェで飲めそうなドリンクを考えていたらしい。

「オーシャンウェイブも日の目を見ることがなかったし・・」

「タマのカクテルは幻に終わらせないで・・・」

幻なんかにしないで、今日にでも明日にでもいれてくれていいのに

クリームブリュレ
Posted by 春隣る桜   2 comments   0 trackback

新しいもの好き

母の実家の地場野菜市に顔を出しました。
野菜って、新鮮だと美味しさが違いますからね

「うん、サラダかぼちゃ?」
確かにかぼちゃのようですが、皮がすべすべしています。
サラダカボチャ


前に、カリブロという野菜も食べてみました。
カリフラワーとブロッコリーを合わせた野菜でした。

今年、大ちゃんがたくさんの振付師
色んなものにチャレンジすることの、
自分へのリスクってどんな風に考えたら、解消できるのでしょう。

「これ、美味しいじゃん。」
皮も剥かず、丸いのを1/4にしたら薄くスライスして
塩少々で塩もみしました。キュウリのように水はあまり出ません。
純粋に、一夜漬けにしても、美味しいはず。

袋に2個入って150円。安くないですか

でも、「サラダかぼちゃ」だけの商標では売れにくいのでは、と心配です。

大ちゃんでも、充分知名度があるから、
新しい音楽や振付師が変わっても、拍手が来るのです。

野菜だけが目の前に置かれても、主婦は忙しいのです。
素材をかじり、素材にあった料理にチャレンジしてられないもの。

でも、野菜を作る人には頑張ってほしいです。
今年の自然環境をみても、どんなに大変か。

「お姉ちゃん、通りかがりの正義の味方みたい」
背中に桜吹雪が、浮き出てるのよ。

この背中に咲いた桜吹雪は農家の苦労を憂いているのです!

サラダカボチャ 炒め
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

頑張ったご褒美を

マルシェ・ジャポンで出会ったお店。
hanabishiを訪ねて三宮に出ました。

住所は長狭通高架下2階。
ふむふむ・・・高架下ってことは・・・線路沿い
  どっち

私は自他共に認める方向音痴。
地図を見て目的地に着けたことなんて今まで何回あったことか

とにもかくにも、まず、歩きましょう
『千里の道も一歩から』、歩かないと着きません。
遠ざかってないといいけれど

実は先日タマもhanabishiを探して彷徨い歩いたけれど、
結局見つけられず負け帰ってきたのです。

このお店はフランスで勉強したパティシエさんがスウィーツを作っているのだとか。
絶対見つける!!

歩いて、歩いて、歩いて


その時、なぜか閃いたのです
絶対、天使が囁いてくれた


「タマ、私店に行けたよ!」

「えっ!?どうやって?」

「人に聞いた。」

「ずるいよー!」

わからなかったら、素直に人に聞くのが一番よ

大ちゃんがLuv Lettelに出会ったお店も近くにあるのです。

レモンのケーキを食べました
CAW0N2O0.jpg
Posted by 春隣る桜   3 comments   0 trackback

その心は

今、「天使のわけまえ」を見終えたたばかり。
人間の舌に残った美味しさの記憶って、料理人の腕とは関係ないんですね。

「失礼ね。美味しいに決まってるじゃん。」
それが買ったインスタントであっても、感情とくっつくとそれが幸せの味

それより、最後のテロップ見た。
エンディングの作詞の「コシノヒロコ」って出てたけど?

「誰?」
母の知ってる人だから、歴史上の人物?

「よくいうは、みんながみんなが亡くなった人ではないよ」
「有名な人なの?」

「でも、作詞するかなぁ?????? 服飾デザイナーなんだけど。」
岸和田で洋装店をしてたお母さんの影響を受けて
コシノヒロコ ジュンコ ミチコの三姉妹ともが世界的デザイナーになったんだ。

「それなら、きっと、関係ないね。」
料理ドラマの歌と掛けて、服飾デザイナーと解きます。
整う訳がありません

「でも、前に、雑誌で読んだことがあるの」
お洋服を作ることも、お料理を作ることも
相手を思って作ることには変わりないって!

なんか、きゅうりのメニューを考えて、ブログにあげるつもりが
ねっづちみたいになってしまいました。



ただ今、きゅうりは考えております。
整うまでもうしばらくお待ちください



「そんなんじゃ、お笑いの世界で生きてけないわよ。」

生きていく気は全くありません
Posted by 春隣る桜   3 comments   0 trackback

トマトの種

暑さにうなされ、だんだん、食べることが億劫になり始めました。
「いかんいかん」こんなことで、食神さんをおろそかにしては
沽券にかかわるというものです。

こんな時、食べれる物と言ったら、
やっぱ、素麺。サラダ素麺でもしましょうと冷蔵庫をのぞくと
この間から、雨が降るからと買い物に行かず、
暑いからと買い物に行かなかったことで、
野菜はトマト1個しか残っていません。

「なんということでしょう。」
仕方なく、茹でた素麺に、麺つゆを使わず
トマトの自家製ドレシングを作り食べることに、

トマトを切りながら、はたと久しぶりに
トマトの種をどうするか悩みました

私はトマトの種が好きです。
なんとなく、じゅん菜を食べてるみたいで涼しげなのです。ツルン

でも、イタリア料理などは種を取ってしまうじゃないですか。
これは、種の水気が味の決め手を邪魔するからです。

トマトのファルシなどは中を繰りるいて詰めるので
種は取り除いても、当然ですが、

生で食べる時でさえ、種はちょっと駄目と敬遠する人もいます。
でも、よく考えたら、種は吹き出すものですね。
スイカでも、ブドウでも、桃でも、パパイヤでも。

皆さんはトマトの種はどうされます。
一度、種だけを集めて、わさびをきかした土佐酢で食べてみてください。

タマちゃんが、「この料理はブログにあげない方がいいよ。」

とても、万人に受け入れられるものではないそうです
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

夏休みは趣味。

梅雨が明けたんですねぇ。
万歳! 万歳! 万歳

けど、めちゃ暑い
これって、蒸し蒸し地獄ですよね。

しかも、巷は夏休み。
悲しい、寂しい、羨ましい

「大学院に行けばよかったのに!」
そんなことを言っているのではありません。

実は我が家、夏休みの自由研究イグノーベルのような感じで、
こんなことに、よく時間を掛けたねっというような傑作だったのです。

自分の知ってるコロッケ屋さんを全部回ったこともありました。
値段と目方を小まめに調べました。

食べ物の好みで、性格は出るのか?
好きなフルーツで百人ぐらいアンケートを集めました。

いつ頃からでしょう。
食べることばっかり。民話や伝説。何より食べ歩き

あんな時間はもうない。

「あれの延長じゃないの?まだ、お給料にしてなんだもの。」
人から見れば、趣味なんでしょうか?

「大ちゃんが羨ましい。 好きなもの続けられて。」

また、時間を見つけて食べ物アラカルトの散策をしなくっちゃ。
おぉ
Posted by 春隣る桜   2 comments   0 trackback

豚足の思い出

「あっ! 今日豚足なの!」
家内でひずめを痛めたものはおりません。(どんな家族)

スーパーでも、普通に豚足が並ぶことはないのですが、
たまに、商店街などのお肉屋さんに並ぶときがあります。

非常に安いというのもあるのですが、
父以外、女性陣はこのゼラチン質に魅了されています。

「万芽(マメ)を思い出すね。」
我が家に5日間だけ、飼った柴犬の名前です。

私がまだ、小学校だった頃、
マンションに迷い込んだ犬がいました。

犬好きの住人さんから、里親を捜しますという意見が出て
管理人さんも連休で留守にされることになり
どこにも出かける予定のなかった我が家で預かることになったのです。

来たその日から、ドッグフードを持たない我が家。
何を食べさせたらいいのか分からなくて頭をひねっていると
「心配しなくても、昔は残りものでも食べさせてたもの」
そう言って、今、目の前に出ている豚足を出したのです。

最初は居場所が分からなくて、動き回っていた万芽が
お皿を下におくと、よほど、お腹が空いていたのでしょう。
ファゥ ファゥと鼻息も荒く。一気に食べてしまったのです

「うちで、飼っちゃだめなの?」
なんども頼んだのに、まだ、生きていた祖母が
動物嫌いで、願いは叶えられることはありませんでした。

結局、万芽は六甲山の裏山に貰われていきました

でも、貰われた先は庭付き一戸建ち
きっと、自然を満喫しているでしょう。

万芽という名前は、どんな境遇になっても芽が出ますようにと
我が家から、送った名前です。


というわけで、思い出に浸るあまり、写真を取り忘れました。
また、次の機会に・・・。

「実は、この間衝撃の真実が・・・」
Posted by 春隣る桜   2 comments   0 trackback

トナカイの夏場

やっと、愚図ついた空から解放されたと思ったのに
今日は、地面の湿気が一気に蒸発するような暑さ

「冬に活躍するトナカイさんはどう過ごしているのかな?」
母は、時々びっくりするような疑問を投げかけます。

冬に活躍するスケーター達と同じように、
シーズンインのために、トレーニングをしているに決まっています。

「ペガサスでも、ちゃんと空を飛ぶ羽があるのに」
どうして、トナカイが天空を駆けることができるのか
私自身、正直いって考えたことはありません。
というか、ペガサス実在しないし

「飛ばないのに羽があるものだっているよ!」
ペンギン。飛べない鳥の代名詞。

「怪我した時、中国は怪我した部位を食べるっていうけど
 羽って、人間のどこを怪我したときなんだろ?」

「手羽って、いうから手じゃないの。」

「羽って、手の進化系なんだ。」
環境に応じ特化する部位が違うのです。

「そこへいくと、ペガサスって、手と足で6本。まるで昆虫だね」
こともあろうに、神獣を虫扱い
それでいいのか?

「大ちゃんてやっぱり凄いんだねぇ。」
ジャップ、スッテップ、表現力全てを兼ね備えてるんだから。

「大ちゃんにだって羽はないよ。」

あほらし
冬に活躍するトナカイさんのトレーニングを見てみたいものです。

トナカイさんが夏バテしてませんように。
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

塩エトセトラ

今、フランスの味覚の授業というのを勉強しています。

その中でも、塩が面白くて、目に付けば購入してきたのですが
ヨーロッパのお塩って、水が硬水なのもあって、
浜辺の塩田からの塩は、ミネラルを多く含んだものがあります。

サラリーマンの語源だって、"塩salt"から来ているくらいだから、
人間の有史以来、切っても切れない関係なんだと思います。

ブログのリンクをとんで、とんでいたらhttp://blog.goo.ne.jp/1008kotarou/e/cc6c8111ccc790e5411640f81875fbdf
「塩麹」というのに出会いました


お味噌を作られた経験のある方なら、なんとなくわかるのでしょうが
麹に分量の塩をまぶし、水を入れ、寝かせると
旨み成分をたくさん含んだ塩が出来上がるわけです。

これとよく似たものに、レモン塩(プリザーブドレモン)というのがあります。
ノンワックスのレモンを分量の塩をまぶし
同じく、水で入れ、寝かせたものです。

メキシコのおかあさんは、ライムジュースに塩混ぜ、家族に出します。
我が家では、梅を付ける時、出た梅酢を貰ってきて料理に使っています。

毎日新聞に、ヨード欠乏症の話が載っていました。
海から離れた山岳地帯に多くみられ、
海藻などに含まれるヨウ素の摂取が不足し、甲状腺の機能が弱くなります。

山岳地帯は塩の多くを岩塩に頼っているし、
海藻を食べる習慣が少ないことによるらしいのです。


「お姉ちゃん!!どうしたの?!」

「何が?」

「今日すごく真面目。」

「いや、一応専門ですし・・・、たまには」

「お母さん!!明日きっと雨だよ。」

「梅雨なんだからあたりまえじゃない。」

姉の威厳は雨に流されたもよう・・・。



皆様、どうか塩と上手に付き合って下さいませ
Posted by 春隣る桜   4 comments   0 trackback

変わり種

「タマ! どこが似てるの
先週、2が始まったホタルノヒカリの主人公、蛍に私が似ていると。

「ふっと、したところ
「具体的に。どこか言ってみなさいよ。」

部屋を片付けないとこ
何か始めたら、周りがみえないとこ。

お母さんどう思う?
「節約は出来てるわよ。ケチでしょう。」

いい加減にしてよ
片付けてる。どこに何があるかはすぐわかるもの。
周りが見えないって、仕事には、集中してるの。

「何をそんなに怒ってるの?」

「誰も、あなたを嫌いだって言ってる訳ではないよ。
 タマちゃんが言いたいのは、色々あっても愛されるキャラだってこと」

「見てて飽きないよ

「私、珍獣扱い

肉じゃが的存在


一般家庭では、お袋の味「肉じゃが」。
我が家のジャガイモ料理の定番は
ジャガイモと牛小間切れを使った料理。

我が家はちょっと変わったものが好き。
だから、私もそれなりの愛され方。
・・・ってことにしときましょう。
Posted by 春隣る桜   2 comments   0 trackback

食べ物の思い出

単発のバイトに行きました。
チキンラーメンの試食サービスです。

今までの、ひよこさん、お目がパッチリに生まれ変わります。
とても、長い歴史のインスタントラーメンだけに
老若男女の方が、試食に来ていただきました

食べ物のまつわる思い出って、胸詰まるものがあります。

お湯が注がれたチキンラーメンを「如何ですか?」と差し出します。
お歳の頃は、60過ぎでしょうか?
杖をついていらいらっしゃいます。

「ごめんなさいね?」
食べて頂けないのは、寂しくもありますが・・・。

「亡くなった主人が一番好きだったラーメンなんですよ」
もう香りだけで、胸が一杯のご様子でした。

10年前に亡くなったとおっしゃっておられたので
きっと、忘れたつもりの蓋が開いて、涙になったのだと思われます。

お歳はややお歳をめしてらっしゃいますが、作業服の男の方。
チキンラーメンを食べて頂いて、お帰りの時。
側にこられて、「申し訳ありません」とポツリ。

「なにか、失礼なことがございましたでしょうか?」
「いや、底に、残った麺が拾えなくて申し訳ない。」

確かに、そこに麺が5cmほどの麺が残っています。
「シベリアに抑留されて、毎日、2合ほどのふすま(大豆の搾りかす)を
お湯でふやかし、10人ほどで食べていたので、残すのが忍びない。」

食べに来ていただいた皆様、本当にありがとうございました
Posted by 春隣る桜   6 comments   0 trackback

噛み合ないのが日常

「大ちゃんが芸能プロダクションのターゲットになってるの?」
週刊誌の見出しですから、取るに足りないことでしょうが、

「あら、そうなの?」
母でも、知らない情報があるんですねぇ。

会話に興味の無いタマがカクテルの本を読みながら
「フランスは、ブランデーの生産量も消費量も世界一なんだって」

「でも、解る。曲によって、あれだけ雰囲気が違うもの?(感心)」
「そうなの、だから、フランスはブランデーベースのカクテルが多いの。」

今はランピの振付でも、ベースは高橋大輔。

「大ちゃん、芸能界入ったら、何するんでしょう。」
「アメリのティーカクテル考えてるの?」

「歌手じゃない?」
「無茶ぶりの母がいて、いつ難題を言い出すかわからないから。」

脈絡のない会話が、禍して、晩御飯も迷走しました。


キユーピー3分クッキング パスタのためのオイルソース しょうゆ&ペパー
パスタのソースでご飯を炊きました
パスタごはん


Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

パイナップルで魔よけ

「ちょっと、出掛けない?」
珍しく、娘を誘い出した行き先は、パワーストーのお店。

どうやら、知人に「いいの探して来て」と頼まれたらしい。
「やっぱり、女の子だもの、可愛いのがいいよねぇ
それで、私が代役になったらしい。

「あれ、これ、大ちゃんがバンクーバーでしてた石じゃない?」
そんなこと、聞かれても、パワーストーをしていたことさえ知りません

知人の娘さんのことは忘れて、「これ、買おうかな」
すっかり、パワーストーに振り回されています。

「一回、出直さない?」
あれも、これも、買いそうな勢いを正さねば!

「タマ、何か飲み物!」

「今日は、ピニャコラーダでございます。」
スペイン語で、裏ごししたパイナップルという意味。
ピニャコラーダ



パイナップルには、南米では魔よけの意味があるそうです。
日本で、節分にヒイラギを使うように
葉の棘とげが、魔よけになるそうです。

「大ちゃんがしてるからって、失礼じゃない。
大ちゃんは練習して、勝ち取ったんだよ。」
パイナップルでも、信じる者は救われるのです。

「じゃあ、あなたはいらないのね?」

 買ってくれるのなら、いる。」


はい、私は薄っぺらい人間です。
Posted by 春隣る桜   2 comments   2 trackback

ハンバーガー

「一度も食べたことが無いって、どういうこと??」
全然、自分では不思議でもないことが、人には変に見えるんですね。

パンも好きだし、ハンバーグも好きなのに、
アメリカの定番メニューのひとつハンバーガーに縁がない。

これは絶対、環境です。母はハンバーガーが苦手なのです。
子供の頃に、連れていってもらった記憶がありません。

「今頃の若者の大ちゃんはジャンクフード、大好きみたいだよ

アメリカナイズされた日本で、この年まで食べたことがないのも
貴重な人種として、よかったのかもしれません

「多分、相性が悪いんだと思う。よくお腹壊すもの。」
それにカロリーが高いんでしょ

大ちゃんがバンクーバーのオリンピック
ジャックフード食べて太ったって言ってたもの。

はいはい、貴方は高橋大輔が第一でしたね

こうなったら作ってあげようじゃありませんか。
大ちゃん仕様のハンバーガー。

お腹壊したって、言わないように
大ちゃんバーガー


Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

重ねる思い

雨が降ると思い出す遊びがあります。
お外に遊びにいけない子供のために・・・。

私のマンショウンはメゾネットタイプで階段があります。
その階段で、親子3人が、ジャンケンをして、
勝った者が、パイナップル、チョコレート、グリコと
階段を上ったり下りたりするあれです。

狭い階段で1回か2回勝てば、階段を上りきるような段数。
今なら、アホらしくってやってられません

ただ、階段を上り切ったところに紙と鉛筆が置いてあって
自分が欲しいものを書いていくのです。

セーラームンのステッキ、ゲーム、チョコレート、クレヨン、絵本
母は車、時計、書くモノがなくなるにつれ、お金

自分の欲しかった物がたくさん重なり、
手に入れたもの、まだ、届いていないもの。

「限りないものそれは欲望。」
井上陽水さんの歌詞にあるらしいのです。

「ねぇ、今何が欲しい?」

今更聞いた訳は、最後に「幸せ」と書いていたのを思い出したからです。

「タマちゃんのお茶かな? やっぱり、大ちゃんの新しいDVD!」

「お姉ちゃんは?」

「学力」

「・・・重たいお言葉


と、いうわけ?で・・・。
重ねるついでに、料理でも重ねてみました。
ミルフィーユカツ

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当です。今日はななななんとトラバテーマ1000回!!まさか1000回まで続くとは思いもしませんでしたこれもいつも参加してくださる皆様のおかげです。本当にありがとうございます!本当に初期の頃から毎回参加いただいている人や、特定のスタッフの時に必ず回答いただく人、様々...
トラックバックテーマ 第1000回「プレゼントします!あなたのほしい物教えて下さい!」

Posted by 春隣る桜   2 comments   0 trackback

変?

食べたことのないものを、チャレンジする。
これって、自分では中国の神様「神農」になりたいと思っていました。

「それって、自分をよく言い過ぎじゃない?」と突っ込むタマ
「なりたいって思うだけだよ?」

神農は山に生えるありとあらゆる植物を口に入れて
その効能、作用を確かめたと言うのです。

「それって、大ちゃんのこと?」
「???????

色んなものにチャレンジしてみたいって、
自分に限界を置かずに、チャレンジしたいって・・・。

ついに、母の中では、農業の神様「神農」と
神業プロの大ちゃんが一緒になったようです

「それで、今日、貴方は何を食べたの?」
「マクドナルドのハンバーガー」



「今まで、マクドナルドに行ったことなかった?」
「あるけど、ハンバーガーは食べたことなかったもん」

ワタシ、オカシイデスカ?



この間、写真を取り忘れたグレープフルーツのサラダのレシピを乗せます。
グレープフルーツのサラダ
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

クリームブリュレのお味は

「ねぇ、今夜って、七夕じゃないの?」
「だよね。」

「でも、おかしいよね。年に一度の逢瀬が梅雨なんて」
「本当は旧暦だから八月頃じゃない。」

「断る理由があるからいいじゃないの」
「お姉ちゃん、二人は相思相愛なんだよ。」

姉妹の間でも、これだけ恋愛観が違います。
「これこれ、今日、クリームブリュレ買ってきたから・・・」

映画「アメリ」で確かクリームブリュレのお砂糖をスプーンで割るシーンが
「あれは自分の殻を破るって意味だと思うんだけど」と母が

「お姉ちゃん、今日ヤンキー入ってない?」
「どこが?」
「男なんていらない。料理一筋って
 なんかささくれてる感じ。」
「上等じゃないの!ガラスの少年時代よ。」

ガチャン!
テーブルの上から落ちたクリームブリュレ。

 

やれやれ、殻を破る前に、器が割れてしまいました。

大ちゃんみたいに新しいことにチャレンジして
自分のものにするからこそ、世界が広がるのに

器が割れてしまっては・・・、味わうこともできません。

牽牛さん、天の河を泳いで渡りきれ!
溺れたらゆるさんぞ

「お姉ちゃん、やっぱり、ヤンキーはいってる。」
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

ダイエットに食時計

「食べすぎた!」
母のこのセリフを聞くと、将来のイメージが膨らみます

「これから、太ると膝にくるよ!」
「東洋医学では、腹六分目は医者いらずて言うんだよ
生活習慣病ほどやっかいなものはありません。

そこで、母のために、食時計を作ってみました。
食時計

参考文献は 「時間栄養学―時計遺伝子と食事のリズム 」です。

「食べるのが楽しみなのに。」
「誰も、食べるなって言ってません。」

食べる時間に気を付けるだけで、全然違います。

あとは、大ちゃんの追っかけをしたら
ストレスは溜まらない。

・・・はず


Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

第996回「レッツ・ポジティブ・シンキング!」

Cobaさんが好きなのは、うちのタマです。
それこそ、大ちゃんのように高校の時から
CDを買いあさるような子です。

大ちゃんがDOIで初めて「Eye」を演じた時、
「はい、これだよ」と母にCDを出してきました

大ちゃんと対談のcobaさん
Cobaさんが何故、横じまのシャツを着ているのか?
皆さんもちょっと考えてみてください。

タマがはまるものは変なものが多いです。
お酒が飲めないのに、バーテンに憧れ、今はティテンダーに
ジェットリーが演じたウォンフェイホン(中国の医者)を見て、今は針灸師に

先日は、タバコは嫌いなのに、葉巻の本を読んでいました。
「小道具に、心を動かされはまるんだよね。」

なんと、大人な言葉でしょう。
「美人さんですが、ふと、冷たい感じの容姿に似合いません。」

Cobaさんが奏でるアコーディオンは水夫さんが持ち歩いたんだって
その水夫が着ているのがマリンルック。つまり横縞なのです。

映画「南極料理人」でお医者さんがバーを開く場面がありますが
移植の???? 異色の組合わせというのが心に響くようです。

先日、
「三味線が弾いてみたいな?」
三味線を抱えてた渡り針灸師にあこがれているらしいのです。
私みたいな凡人にわからないポジティブ・シンキングの持ち主です。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「レッツ・ポジティブ・シンキング!」です。みなさんは、落ち込んだりすることはありますか?そういう時にこそ、ポジティブに考えてみましょう!たとえば、水谷は、コップにジュースが残り30%くらい残っていたとして「ああ、70%も飲んでしまった・・・」と思うよりも「まだ、30%も飲めるんだ!」と思うようにしています。その方が美味しく飲めるように思...
FC2 トラックバックテーマ:「レッツ・ポジティブ・シンキング!」


Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

グレープフルーツ

知らない町のマーケットをのぞくのは大好き。
えっと、思うような食材に出会うのが楽しみなのですが

この頃、果物コーナーでグレープフルーツが眼に付きます。
亡くなったお婆ちゃんが大好きで、よく、食べてました。

蜜柑やオレンジのように、甘すぎず、夏ミカンのように、酸っぱすぎず
カクテルでは、よく使われ、代表的なところでは、スプモーニでしょうか。

「あら、あなたも、グレープフルーツ買って来たの?」
どうやら、母も買ってきていたようです。

2、3人でペタンクでも、やれそうなほどのグレープフルーツ。

実は、亡くなった祖母は、血圧が高くて、降圧の薬を飲んでおりました。
グレープフルーツは降圧の薬が効きすぎる作用があります。

宵越しの金は持たない豪快な祖母が、
そんなことでグレープフルーツを止めることもなし。
きっと、あちらで供物に催促しているのかもしれません。

そんな話をしながら、今日はグループフルーツのサラダを作りました。
美味しかったです。ご馳走様。

「タマちゃん、ブログ用の写真とってくれた?」
「お姉ちゃんが撮ったんじゃないの?」

申し訳ありません。レシピはまた今度にいたします。
Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

誕生日に乗じて

「やるやらないなら、僕は迷わずやる方を選ぶ。」

今日は父の誕生日
ケーキとまではいかなくとも、何かはしなければ。

そして、我が家は新たなステージへ・・・

サラダ風かた焼きそば


というわけで、長崎ちゃんぽんをサラダにしてみました。


「パリパリしてて美味しいね。」

野菜が苦手な父。
好物のかた焼きそばと合わせて食べてもらう作戦。


コソッとタマが
「なんで苦手なものを出すの?」

そんなの、
長生きしてほしいからに決まってるじゃない。

「ちょっと私のこと見直した?」

「あんた、ただ新商品ためしてみたかっただけじゃないの?」

「ははは
 ・・・違うとは言い切れないね。」

「私ちょっと関心したのに。」


作らなくちゃレパートリーは増えないから

Posted by 春隣る桜   0 comments   0 trackback

黄金比

何にでも、黄金比率というものがあります。
ドレシングのオリーブ油とお酢とお塩。

「そうなの、大ちゃんの眉毛。」
これまで、2/5が眉尻だったのに、
今回1/5が眉尻になってるし、少し短いわ

「こらぁ
大ちゃんの眉の黄金比ではないよ。

美味しいって、何??????ってこと

そんな大きな声を出さなくっても、解りますよ。

フランスで味覚を目覚めさせるという授業があります。
子供は成長するにつれ、様々な味に出会います。
けど、初めて新しい味と遭遇するのは、
子供にとってとても怖いもの
まさに、未知との遭遇

そのため、

「大ちゃんて、えらいね。」
今は、味の話をしていても、

舌は封建的だってことなんだろう。
大ちゃんが新しいことにチャレンジするのは、勇気そのもの。
だからこそ、「美」の再確認もできるんですね。

「次へ踏みだそう。」(ゆうパック維新から)
さてさて、自分の黄金比率おもちですか?